【世界遺産】韮山反射炉          静岡県伊豆の国市

とうとう寒くなってきました、、、
ついにダウンを着ました
冬の寒いのが今くらいで終わればいいのになぁ〜温暖化で地球にはよくないけど、、、

少し前に伊豆にある韮山反射炉に行ってきました。ここは、平成27年7月に韮山反射炉を含む「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録されました。

明治日本の産業革命遺産とは、山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・鹿児島・岩手・静岡の8県に点在。1850年代から1910年(幕末 - 明治時代)までに急速な発展をとげた炭鉱、鉄鋼業、造船業に関する文化遺産。

他で有名なところだと、長崎の軍艦島などがあります。
e0184067_10131226.jpeg
今回行った韮山反射炉は、
幕末期の代官江川英龍(坦庵)が手がけ、後を継いだその子英敏が完成させた。
金属を溶かし大砲などを鋳造するための溶解炉。韮山反射炉は、実際に稼働した反射炉として国内で唯一現存するものです。

反射炉とは、
銑鉄(せんてつ・砂鉄や鉄鉱石から作った粗製の鉄で、不純物を多く含む)を溶かして優良な鉄を生産するための炉です。銑鉄を溶かすためには千数百度の高温が必要となりますが、反射炉内部の溶解室の天井部分が浅いドーム形となっていて、そこに炎や熱を「反射」させ、銑鉄に集中させることで高温を実現する構造となっています。このように、反射させる仕組みから反射炉と呼ばれるそうです。

e0184067_10264245.jpeg
溶かした鉄は、鋳型に流し込んで大砲などに加工されました。過去にされた発掘調査では、砲弾の鋳型などが発見されています。

e0184067_10343047.jpeg
炉体と煙突の部分を合わせた高さは約15.7m、実際に稼働した反射炉が残っているのは日本でここだけです。稼働当時、反射炉の周囲には各種の作業小屋や倉庫などが建ちならび、多くの職人が働いていたそうです。

今は写真のエリアのみ現存しています。



e0184067_10340235.jpeg
入場料は500円。資料館もあり。当時の再現映像もあります。無料のガイドさんあり。色々と話を聞きながらだと興味がわきますよ。隣にいた団体さんにひっついて聞いてきました(笑)



小さな施設なので、少しの時間で見ることができます。
温泉へ行く途中で、ダイビングの帰りに、ドライブのコースに。
伊豆長岡温泉の近くにありますよ~!


















.......................

[PR]

by yukafine | 2018-12-06 17:18 | 国内(沖縄・北海道を除く) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://yukafine.exblog.jp/tb/27700338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。